みなさん毎年インフルエンザの予防接種を受けていますか?予防接種を受けてもインフルエンザにかかってしまった、効果がある、ないと賛否の声がありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

インフルエンザの予防接種は受けるべき?

鹿児島の鶏インフルの素早い対策事例と飛沫感染予防

インフルエンザの感染経路には様々な要素が挙げられますが、中でも鳥から人への感染はパンデミックに陥りやすく、危険性が高い事から、注視が必要な感染経路です。鹿児島県では養鶏場で鳥インフルエンザの感染が確認され、その対応策として養鶏場の鶏が全て処分されたという経緯があります。
これは鳥から人へのインフルエンザの感染を遮断する為には欠かせない手段で、養鶏からの感染経路を断つことが必要です。鹿児島県では迅速な対応により、鳥から人へのウイルスの感染を阻止することができましたが、万が一放置された場合には、ウイルスの突然変異から、人体にも感染が可能なウイルスが発生する可能性もあったため、素早い対応が求められます。
鶏や豚などの家禽では、インフルエンザウイルスの感染経路として野生動物が挙げられます。これらの動物を介して感染し、急速に蔓延する可能性が高い事が示唆されており、狭い空間で沢山の家畜が飼育される場所では、早急な対応が必要とされるのです。鹿児島県の例のように、病気感染の可能性をいち早く検知する事がもとめられ、殺傷処分をする事がウイルスの拡大を食い止める重要な手段となっています。
また、インフルエンザへの感染は、大気中に浮遊するウイルスが体内に侵入する事により確立するものです。そのため、くしゃみや咳などが原因とされる飛沫感染には厳重な注意が必要とされます。
空気清浄機の使用に加え、マスクやうがいなどの感染対策は、ウイルスの蔓延している時期には飛沫感染において不可欠な処置です。
人からの感染経路で目立つものは、空気中のウイルスが気道の粘膜から侵入するもので、喉の粘膜はウイルスが侵入しやすい箇所であるため、感染が成立しやすい傾向が見られます。
そのため、飛沫感染を防ぐ為にも、日常的な予防が不可欠とされます。