インフルエンザの予防接種は受けるべき?

みなさん毎年インフルエンザの予防接種を受けていますか?予防接種を受けてもインフルエンザにかかってしまった、効果がある、ないと賛否の声がありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

インフルエンザの予防接種は受けるべき?

インフルエンザの予防接種は受けるべき!賛成派の意見

毎年インフルエンザが流行する季節になると、予防接種を受けるべきか受けないべきかといったことが、各地で議論されることになります。そして予防接種賛成派は、インフルエンザにかからないようにする為にも、絶対に受けるべきだという意見を掲げていますが、具体的にはどのような意見を掲げているのでしょうか。
賛成派はとにかく、インフルエンザにかかるとかからないとに関わらず、予防接種は受けるべきだと思っています。何故ならかからなかった場合はもちろん予防接種を受けて良かったと思うものですし、万が一かかってしまった場合でも、症状を軽くすませることが出来ると考えられているからです。
それからインフルエンザの予防接種を受けるということは自分の為のみならず他人の為にもなる、だからこそ絶対に受けるべきだというのも、賛成派の意見です。予防接種を受けて自分がインフルエンザにかからなかったことで、人に感染させてしまうということもなくなります。なので世の為人の為にも絶対に受けるべきだと、賛成派の人々は強く思っているわけです。
それから賛成派が掲げるもう一つの意見として、予防接種を受けることで精神的に安心することが出来るから絶対に受けるべきというものがあります。予防接種を受けていない人というのは、インフルエンザの流行が終わるまでは、日々びくびくしながら過ごさなければいけないものです。なぜならいつ自分がかかってしまっても、おかしくはないからです。しかし予防接種をきちんと受けていれば、そのようにびくびくしながら流行シーズンを過ごす必要はなくなります。なぜなら予防接種を受けた人というのは、受けていない人に比べてインフルエンザにかかってしまう可能性が低いからです。なので予防接種を受けると、精神的に安心できるのです。そこで賛成派は、強く接種を進めているのです。

■治療薬をお探しならこのサイト
インフルエンザの治療法
タミフルの後発医薬品は?
通販でリレンザ購入